氣

なんと読むでしょうか?
東洋思想・漢方医学・東洋医学に代表されます。
考え方によると氣が宇宙(太極)を創造したと言われています。
  今から2000年前に書かれた中国の医学書「黄帝内経」素問・霊枢があります。現代にも通じる事が多く書かれています。
その中で注目されるのが「陰陽五行説」という考え方です。もともと「陰陽論」と「五行説」がドッキングしたと言われています。陰陽論の中に大宇宙と小宇宙ということで出てきます。大宇宙とはまさにはてしない宇宙空間のことです。はてがあるのかないのか諸説色々ですが、東洋キャラクター思想の中に氣が宇宙を創造したという考え方があります。太極が陰・陽を造り、陰気・陽気を二気を造ったといわれています。これが大宇宙の始まりです。それから銀河系が生まれ、太陽系が生まれ、地球という惑星が誕生したのです。もし、宇宙の始まりは氣がなければ生まれていなかったのです。現代社会でも「氣」を使った文字が多く使用されています。ほとんどが見えない世界の事ばかりです。

 答えは「氣」と読みます。

色紙一話 <バックナンバー>