カラダにいい話
アトピーが治らないのは何故?
驚異のフルボ酸。生命の源 フルボ酸って何?

           アトピーが治らないのは何故?          4−1

子供の頃からアトピーで、大人になれば治るといわれたけど治らない。
大人になってからアトピーがひどくなった。
自分の子供のアトピーで悩んでいる。
長年病院に通っているがなかなか治らない・・・

そんなアトピーが治らなくて悩んでいるあなた。
実は意外な原因があることをご存知ですか。


Q.下記の項目の内あなたはいくつ当てはまります?

□ 浄水器できれいな水を飲んでいる
□ 空気清浄器でアレルゲンをカットしている
□ 出来るだけ無添加のものを食べている
□ バランスの良い食事を心がけている
□ 十分な睡眠を摂っている
□ 適度な運動をしている
□ 石鹸やシャンプーは刺激の少ないものを使っている
□ 衣類・布団・ベッドのアレルゲンの除去に努めている

アトピーで悩んでいて改善しようと努力している方は6〜7個にチェックが入っているかもしれません。それでも治りません。
何故なら、常識とされているアレルゲンのカットだけでは改善は無理だからです。


Q.そもそもアトピー性皮膚炎とは?

A.ひと言でいえばアトピー性皮膚炎とは皮膚で起る免疫反応の異常です。

 アトピー性皮膚炎は(T型アレルギー)の症状は、かゆみのある湿疹がずっと又は繰り返して続くことが特徴です。


Q.免疫ってなに?

A.ウイルスや細菌などの病気の原因となる病原体が体の中に入ってきた時に、その病原体をやっつけてくれる働きです。

 病原体から体を守って病気にならないようにしてくれているのです。
 普通の免疫は、体の中に病原体が入ってくると、それを見つけ出し、検査係(樹状細胞)が取り込んで検査をし、検査結果を司令部(T細胞)に報告します。司令部(T細胞)は、敵なのか、味方なのかを判断して、敵であれば、やっつけるように攻撃隊(キラーT細胞やB細胞)に指示を出します。その指示を受けて病原体を攻撃する細胞(キラーT細胞)や武器(抗体)を作って攻撃する細胞(B細胞)がチームを組んで体を守っているのです。


Q.アレルギー反応とは?                              4−2

A.アレルギー反応とは、免疫反応が特定の抗原に対して過剰に起こることを言います。

 正常な人の司令部(T細胞)は、花粉などのそれほど害にならない侵入者に対しては、攻撃命令を出さないのですが、アレルギーの人の司令部(T細胞)は、すごく弱気(敏感)な場合があり、それほど害にならない侵入者に必要以上の攻撃命令を出してしまいます。その必要以上の激しい攻撃は、自分の体も傷つけてしまいます。
 これがアレルギー反応です。この異常な攻撃が皮膚で行われると、アトピー性皮膚炎がおこります。


Q.アレルギーの原因とは?

A.弱気な司令部(T細胞)がアレルギーの原因です。

   ではなぜ弱気な司令部(T細胞)ができて
       しまったのでしょうか。

 この司令部(T細胞)は、胸のうえのほうにある胸腺というところでつくられています。
 胸腺は体の中で、いちばん細胞を作っているところで、沢山の栄養がいるところです。
 特に細胞の材料であるタンパク質を作るために必要なミネラルやビタミンが不足すると弱気な司令部(T細胞)がつくられてしまいます。


Q.結局アレルギーの原因はミネラル不足?

A.特にミネラル不足はT細胞の機能低下を招き、アレルギーを引き起こします。

 不足しているミネラルを補給することで、強い正常なT細胞ができて、過剰な攻撃命令が出なくなりアレルギー改善につながるのです。
 ミネラルを補給しても、すぐに強いT細胞に入れ替わるわけではなく、徐々に弱いT細胞と入れ替わっていくので、改善には多少の時間がかかってしまうのです。

アトピーの悩みを根本から改善するには
ミネラルの補給が理想的!


Q.効果的なミネラルの摂取方法は?

A.フルボ酸という形で摂ればもっと効率的に摂取できます。

 フルボ酸は体が必要とするミネラルを効率よく体に送り込み働かせることができます。
 何故なら、フルボ酸にはこんな力があるからです。

@ フルボ酸は低分子で吸収力が高い。
A 豊富なミネラルを複合して保有している
B 摂りにくい微量ミネラルを保有している
C 活性酸素の発生をおさえる
D アミノ酸とくっついた形でミネラルを保有(キレート化)しているので有効的です。

現代のように食生活から充分なミネラルが摂れないと、代謝機能が低下して生理的な機能が維持されず、さまざまな原因不明の健康障害や疾病が発生してきます。しかしバランスよくミネラルを補給するのは困難です。
その意味では、フルボ酸はミネラル補給では理想的なものなのです。


驚異のフルボ酸。生命の源                           4−3
フルボ酸って何?

 フルボ酸とは、太古の昔に命を終えた動植物や魚介類、藻類などが堆積され、それが数百年〜数億年もの長い年月をかけて微生物によって分解、発酵を繰り返してきた最終生成物から抽出された物質です。

 世界でも限られた場所にしか埋蔵されていない極めて貴重な腐植物質であり、大自然が生み出したミネラル、アミノ酸を含む有機物と結合します。

 このフルボ酸は、人間の生命にとっても大切な、有機酸 微量ミネラルを含み、アミノ酸や、糖質と結合(きれーと)可能なので、人間の様々な病気の改善と予防、そして健康維持や美容面での活用に大いに期待されています。

人間、動物、植物の生命を支えるフルボ酸

 このフルボ酸は土壌中にあるため、人間が直接摂取することが出来ませんでした。もっぱら、木々や草、藻類、野菜などが命を確保するために利用していました。それらは土壌中にある栄養素の総合ミネラルやアミノ酸を根から吸収していますが、その際にフルボ酸の力を借りなければ、栄養素を吸い上げることは出来ないのです。人をはじめ、植物、獣類、爬虫類、昆虫類、魚介類、海藻など、この地球上で生きているものすべてがフルボ酸の働きを必要としています。

 人間は土の中にあるフルボ酸やフミン酸を口にすることが出来ないため、土壌から吸い上げて育った野菜や果物を食べ、草を食べて育った肉を食べてフルボ酸を摂取しています。すなわち、土からフルボ酸と一緒に育った植物の葉や実を昆虫や鳥や小動物が食べ、食べたそれらの生き物が大きな動物に食べられ、植物の落ち葉や枯葉とともにそれらを食べていた昆虫や動物たちの排出物や死体は微生物のエサになるといった食物連鎖により、調和されて地球は成り立っています。

フルボ酸とは

植物や動物などの生物が命を終え、長い年月をかけて微生物によって分解、発酵を繰り替えながら堆積されてきた土壌から抽出された物質である。今まで、世界でも限られた場所にしかない貴重な腐植物質であり、大自然が生み出したミネラル、アミノ酸を含む有機物と結合します。

あらゆる生物が栄養素を吸収するのに必要不可欠なものが注目のフルボ酸です。

植物や動物も同じですが、食べ物などから摂る栄養素を身体の中に吸収する役割を行っています。食べ物で吸収する栄養素以外にも、あまり摂取出来ない微量ミネラル等がフルボ酸と結合し、体に補充します。

                                             4−4
又、ヒ素・鉛・水銀・カド二ウムなどの有害なミネラルをフルボ酸が持つアミノ酸と結合させて排出させる働きをします。活性酸素の除去にも作用します。つまり、必要な栄養を吸収し、不要な物質を排出するという、人間をはじめあらゆる動植物の成長ホルモンだと言えます。


フルボ酸摂取による画期的な作用

T 体内に蓄積された重金属(水銀、カドミウム、鉛、ヒ素)などの有害物質を吸着して排出する働きを持つ(デトックス)



U フルボ酸はキレート化(ミネラルがアミノ酸と分子結合している)された高分子の有機酸であり、人間の身体を構成している栄養成分を多量に含む複合体であることから、体の代謝機能が促進され、免疫力が高められる。



V 有害物質などの分離作用、体内環境浄化作用の働きを有することから、重金属を取り除くことにより肝機能が促進され、農薬やダイオキシンなどの排出力を増進する。



W 癌の原因、または、シミ、シワ、くすみなど、肌を老化させる原因ともいわれている活性酸素、フリーラジカルを消去する抗酸化力が非常に高い。



X フルボ酸を摂取することにより、有害物質の除去、活性酸素の消去、栄養の補足、体内環境の浄化が促進され、アレルギーに対する免疫力も高められる。



Y 僅かといえども多種類の微量、超微量ミネラルが欠損しても体は健全な機能が維持できない。亜鉛やセレンなどを含む微量ミネラルの複合体であるフルボ酸は、性殖機能を高めるだけではなく視力や脳活性力などすべての代謝機能を促進する。



Z 老化ともに、身長が縮まり、腰が曲がり、変形性関節症などの要因の一つに、長年に渡ってのミネラルの摂取不足が考えられる。フルボ酸は吸収性が非常に高く、摂取することによってこれらの症状を予防できる可能性を持つ理想的な栄養素である。



[ 抗血液凝固性、抗ウィルス性、抗菌性、抗炎症作用などの生理活性がある。



\ 肌に塗布することにより腰痛、肩こり、筋肉痛などの痛みを緩和し、温泉特有の効果があると言われている。






カラダにいい話<バックナンバー>ページの先頭へ