腸内細菌が人体に及ぼす作用ってなに?
 
食事成分が偏ってしまったり、食生活が不規則になると有害菌が増えて、タンパク質、アミノ酸を腐敗させて、アンモニア、インドール、ニトロソアミンなどの有害物質を産生します。
すると、ウンチが黒く臭くなったり、便秘がちになります。この状態を放置しておくと、ニキビや吹き出物、肌荒れ、頭痛、老化、発ガン物質の発生などいろいろな症状が出てくることになります。
体に必要な栄養分は、毛細血管から細胞に吸収され、組織をイキイキさせますが、体の中に取り込まれた有害物質は細胞に取り込まれて組織を老化させるため、細胞の活力は低下してしまいます。
有用菌優勢の菌叢バランスが健康維持にはかかす事ができないのです。
 
●<< 有用菌群 >> [有用菌・有用菌が産生する有用物質の作用]
 ◆乳酸菌(ビフィズス菌)
血 圧
血糖値の
改 善
↑
腸内PHの
安 定
蠕動運動の
活性化
矢印
脂質代謝
糖代謝の
改 善
矢印
肝臓機能の
活性化
保 全
↑
有害・発癌
物質の分解
排泄促進
←
腸内有用細菌
乳酸菌生産物質
→
消 化
吸 収
代 謝
→

矢印 ↓ →
ホルモン・
ビタミンの
産 生
免疫系の賦活
病原菌
有害菌の
増殖抑制
感染防御
↓
健 康 維 持
 
●<< 有害菌群>> [有害菌が介在して産生される毒性物質]
有害菌の種類
◆大腸菌
◆ウェルシュ菌
◆ブドウ球菌
◆腸球菌
 1)ニトロソアミン
 2)チラミン
 3)硫化水素・アンモニア
 4)ヒスタミン
 5)二次胆汁酸
 6)ウェルシュ菌(増加)
・・・ 大腸ガン、直腸ガン
・・・ 血圧上昇(自立神経刺激)
・・・ 肝臓
・・・ アレルギー
・・・ 糖尿病、腎臓結石
・・・ 膠原病(リューマチ)

腸内物語次のページへページの先頭へ